「感作」「IgE」とはなんですか?

■参考

海老澤元宏 「保護者からの質問に自信を持って答える小児食物アレルギーQ&A」


■背景

アレルギー外来で、一番説明に苦しむのが、特異的IgEの結果の解釈と、「感作」の概念の説明です。
保護者側は、CAP-RASTの結果だけで選択を判断したり一喜一憂したりしがちなので、最初から誤解しないようにうまく説明しておく必要があります。


■患者向け説明

お母さん。
この前出した、食物アレルギーの採血の検査=「IgE」という検査の結果が返ってきました。

この「IgE」の検査の結果をお伝えする前に、いくつか説明しておかなければならないことがあります。
ちょっと難しいんですが、順番に説明するので聞いて下さい。

食物アレルギーは、基本的には、ある程度の大きさを持ったタンパク質に対して起こります。
 (注:タンパクでなくても食物アレルギーは起こりますが、混乱させるだけなので、敢えてこう表現しています)

普通は、食べ物のタンパクが体の中に入ってきても、栄養であって体にとっては必要なものなので、異物としては認識されずにスルーされて、そのまま吸収されます。

でも、食物アレルギーの子は、なんらかの理由で、体が食べ物を異物として認識してしまっているんです。
これを「感作」と呼びます。
「感作」とは、「自分の体の中で食べ物が異物だと勘違いされちゃってるよ」ということです。

「感作」されると、つまり食べ物を異物だと認識すると、元々は寄生虫をやっつけるための仕組みが誤作動して、IgEという抗体ができちゃうんです。
「抗体」って聞いたことあるでしょ?
予防接種を打って抗体をつけるんだ、とか。
 (注:予防接種で産生される抗体はIgGですが、分かりやすさを重視して省略しています)
このIgEという抗体が上がっていることが、「感作」つまり誤認識しちゃってますよ、という証拠なんですね。

そして。ここが一番分かりにくいところなんですが。
「感作」、すなわち「体が食べ物を異物として認識してしまっている」ことと、「症状が出る」ことは、イコールではありません。
ちょっと例えが悪いんですが、ちょっと嫌いなくらいでは殴り合いの喧嘩なんて起きないでしょ?
それと同じで、「こいつはやべえ」というレベルまで誤解が強くなると、症状に出てしまうぐらい、体の中で大喧嘩が起こってくるんです。
IgEは、class0からclass6まであるんですが。
class2は、「異物かな?」レベルですよ。
class6は、「こいつは親の仇!」レベルですよ。イメージ的にはね。

つまり、IgEが高くなればなるほど、感作が強まれば強まるほど、体の中で症状が起こる「確率」が高くなると思って下さい。
あくまで確率です。
確率なので、IgEが高いと症状が出るとか、IgEが低いから症状が出ないとか、判断できません。

IgEはあくまで感作の程度を示しているだけなので、
「感作が強いから」、症状が出るだろうと思って、自己判断で除去をしたり、
「感作が弱まったから」、もう食べられるようになっただろうと、自己判断で除去を中止しないでください。



■より専門的な説明を求める保護者向けの説明

食物中のタンパク質は、通常は異物とは認識されず、吸収されます。
しかし、なんらかの理由で、食物中のタンパク質がアレルゲンとして認識されてしまうことがあります。
これが「感作」です。

感作が成立すると、食物アレルゲンをヘルパーT細胞(Th2)が異物として認識し、B細胞に情報を伝えます。
 (注:最近はTh2だけではなく、Th2サイトカインを産生するILCも病態への関与が疑われています)

次に、B細胞がIgEを産生します。
IgEとは、元々は寄生虫を排除するための、「抗体」の一種です。

「感作」の結果、IgEが産生されます。
IgEは、あくまで感作されたかを示しています。症状が起こるかどうかは別問題です。

ただ、感作の程度が強ければ強いほど、実際にアレルギー症状を起こす確率が高いという「傾向」はあります。
逆に、一般的にはIgEが低下し、感作の程度が低下すれば、耐性化が進んだ可能性が高くなります。
ただ、あくまで確率の問題になります。

基本的には、IgEの数値と症状は無関係です。
IgEの数値のみで医学的な判断を行うことはありません。

  • 最終更新:2018-03-03 22:05:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード