エリスリトール

・分子量122の糖アルコール。甘味料として使用される。

・一般的な即時型アレルギー反応は、アレルゲンがIgEを架橋することで、マスト細胞が脱顆粒していると考えられている。
 そして、アレルゲンはタンパク質であると考えられている。


・しかし、糖アルコールは分子量が小さく、ハプテンとして作用?


・報告があるのは
 こんにゃくゼリー
 アイスクリーム
 ガム
 清涼飲料水
 ダイエット食品


・添加物ではなく、食物のため、表示義務なし。


・日本小児科学会雑誌 Vol.121 No.11 Nov 2017で、
 プリックテスト陰性 かつ BAT陰性 例が報告された。


・同論文によれば、キシリトール・マンニトール・ソルビトール等、その他の糖アルコールと交差性はないらしい?

  • 最終更新:2017-11-27 15:41:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード