二重抗原暴露仮説

■出典


■概要
・2008年、JACIで、イギリスのLack Gによって提唱された仮説。

・「経皮的に食物アレルゲンに暴露されると感作が成立するが、
  適切な量とタイミングで経口的に摂取すると免疫寛容が誘導される」という仮説。

・「アレルギーは(適切に)食べれば治る」という現在の食物アレルギーに対する基本的な考え方の基になった。

  • 最終更新:2017-12-24 21:51:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード