衛生仮説

■出典


■概要
・兄弟の数が多いほど、そして下の子ほど、気管支喘息と湿疹が少ないことを発見した。
・そこから、幼少期の感染が多ければ多いほど、アレルギーが少ないのではないかと類推した。



「笑うカイチュウ」の藤田紘一郎先生の、「寄生虫感染がアレルギー疾患を減らす」という発想も、衛生仮説から着想を得たのでしょう。

  • 最終更新:2017-12-24 22:04:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード