視神経脊髄炎(NOM)

■出典
小児内科2015 Vol.47 増刊号 「小児疾患診療のための病態生理3」


■概念
アクアポリン4(AQP4)が発現しているアストロサイトを補体依存性に攻撃し、脱髄する。


■AQ4の発現部位

視神経、脊髄、間脳、脳室周囲、小脳 等


■症状

障害部位による。
視力障害、複視、麻痺(単麻痺・片麻痺・対麻痺)、小脳失調、歩行障害、感覚障害、膀胱直腸障害


■検査

・MRI
・誘発電位
・抗AQP4抗体


■治療

・mPSL
・免疫抑制剤 (AZP・MMF・タクロリムス・リツキシマブ等)



  • 最終更新:2018-05-10 15:15:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード